大手ゲーム会社へ転職するならエージェント会社経由が有利な理由

大手ゲーム会社へ転職するならエージェント会社経由が有利な理由 転職ガイド
サワト社長
サワト社長

こんにちは!
ゲーム業界歴20年でゲーム会社の社長をしているサワトです。
経歴:プランナー→ディレクター→プロデューサー→社長(起業)

僕は企画職出身で4回の転職経験があり、応募側と採用側の両方を経験しています。

【悩み】有名な大手ゲーム会社に転職したいな~
・直接応募と転職エージェントはどっちがいいの?
・転職エージェントを経由するとどうして有利なの?
・大手のゲーム会社に転職すればキャリアアップできるの?

大手のゲーム会社は「給料・ボーナスが高い」「周りから一目置かれ、ステータスが高い」「経営が比較的安定している」「人気ゲームのシリーズ作の開発に参加できる」など、魅力的な点がたくさんあります。

そのため、就職活動をした人なら当たり前のように知っていますが、新卒採用で大手ゲーム会社に入社するのは狭き門なので、一流大学に合格する以上に難しいです。

しかし、中途採用となると、経験と実績の実力主義なので、学歴のない中小企業で働いていた人でも、意外と簡単に大手企業で働くことができます。

ただし、結論を先に言うと、大手ゲーム会社は好条件での転職は難しいですが、年収が低めで契約社員からのスタートであれば比較的簡単に入社できます。

僕自身は転職活動中に大手ゲーム会社から内定をもらっただけで入社しませんでしたが、転職活動や社長として気づいたことをまとめました。

記事の内容

・大手ゲーム会社で働くなら転職エージェントの利用が有利な理由
・大手ゲーム会社に入社するメリット、デメリット
・中小ゲーム会社の特徴
・転職エージェント経由で内定をもらって転職した僕の経験談

この記事を読むと、リアルな経験談もあるので、楽観的すぎない転職活動ができます。

大手ゲーム会社へ転職するならエージェント会社経由が有利な理由

転職エージェント経由で転職するメリット
  • 大手ゲーム会社の最新の求人情報を持っている
  • 書類審査時にエージェントが追加アピールしてくれる
  • 面接のセッティングをしてくれるので手間が軽減される
  • 不採用理由を教えてもらえて、次の面接に役立つ

大手ゲーム会社は、圧倒的にメリットが大きい

大手ゲーム会社にはメリットだけではなく、デメリットもありますが、バランスを考えるとメリットが圧倒的に大きいです。

大手ゲーム会社のメリット

  • 給料・ボーナスが高い
  • ステータスが高い(女性にモテる・親が喜ぶ・転職に有利)
  • 経営が安定している
  • 人気ゲームのシリーズ作品に参加できる
  • ブラック企業が少ない(法令違反があると炎上するため)

大手ゲーム会社のデメリット

  • スキルが高い、勤続年数の長い社員が多いので、相対的に出世しづらい
  • 分業化された大規模プロジェクトの仕事が多いのでスキルアップしづらい
  • 上司との相性が悪いと辞めることになるので、苦労が水の泡になる
  • 雇用形態は、正社員ではなく、契約社員の採用が多い
サワト社長
サワト社長

上司との相性はどこのゲーム会社にも当てはまるのデメリットです。
上司との相性問題は部署異動が有効な解決手段ですが、大きな会社でも入社1年未満では部署異動できる可能性は低いです。

中小ゲーム会社の特徴

大手ゲーム会社との比較のため、中規模ゲーム会社と小規模ゲーム会社の特徴を紹介します。
(僕の主観と偏見なので、参考程度に読んでください。)

中規模ゲーム会社(従業員200人)

  • 東証やジャスダックなどに上場している企業が多い(主にソーシャルゲーム系)
  • 上場している会社は、昔からいる社員と上場後に転職してきた社員が半々くらい
  • 成長しているので社員が毎年増えて、任される仕事がたくさんある
  • イケイケの転職組と仕事ができない古株組とで不思議なバランスを保っている
  • 業績が悪化すると気付くと辞めている人が多い(主にソーシャルゲーム系)
  • 会社組織や会議、社内手続きが官僚化して、フットワークが重い
  • 自分たちは優秀だと思っている人が多い
  • 社長と話すことがほとんどない

小規模ゲーム会社(従業員50人未満)

  • 下請けの開発をメインにしている
  • 大手ゲーム会社に出向(派遣)して働いている人が多い
  • 開発のエースは社長
  • 会社の社風は、社長の人柄で決まる
  • 会社経営が苦手なので、会社が成長する可能性は低い
  • 社会人としてヤバい人が多い
  • 従業員教育はしないので上昇志向のある人は転職して去っていく

大手ゲーム会社に中途入社するルート

①大手ゲーム会社のサイトから直接応募する

大手ゲーム会社に限らず、ほとんどの会社は自社サイトで求人募集をしているので、簡単に応募することができます。

採用される確率は「直接応募」と「転職エージェント経由」を比較すると、実はほとんど差がありません。

「採用に有利になるって嘘かよ!?」
「それなら転職エージェントの意味ないじゃん!」

・・・と怒られそうですが、嘘ではありません。

「転職するなら任天堂だけ」みたいに、1~2社だけに絞って応募する場合は、どちらから応募しても変わりません。

しかし、1~2社だけの一撃必殺の狙い撃ちタイプの転職はほぼ失敗します。

なぜなら、転職活動は『下手な鉄砲も数撃てば当たる』でないと成果が出せないからです。

大手ゲーム会社で通用するスキルがあっても不採用になる?

実力不足で不採用になるのは当然ですが、スキルや実績があっても不採用になることがあります。

それは、大手ゲーム会社の内部事情によっては決まるからです。

不採用になる事情例

・プロジェクトの中止などで、社内に人材が余ってしまった
・数日前に採用者が決定したばかり
・給料の高いマネージャークラスのポジションは不要
・面接官(採用されたら上司になる人)のなんとなくの感覚で不採用

サワト社長
サワト社長

たくさんの会社に応募することで不採用で転職できないリスクを軽減できます。

②転職エージェントを利用する

  • 大手ゲーム会社の最新の求人情報を持っている
  • 書類審査時にエージェントが追加アピールしてくれる
  • 面接のセッティングをしてくれるので手間が軽減される
  • 不採用理由を教えてもらえて、次の面接に役立つ

転職エージェントを利用するメリットは上記の4点になりますが、大手ゲーム会社に転職するにはたくさんの会社に応募することが有効です。

転職エージェントは、条件に合致する会社リストなどの情報を持っていて、書類審査や面接のセッティングをサポートしてくれるので効率的でラクに転職活動ができます。

サワト社長
サワト社長

補足すると、転職活動で成功するには、転職エージェントの担当者に任せきりでなく、面接や自己アピールの研究をするなど、転職活動をしながら自己成長することが重要です。

③【番外編】アルバイトでの入社は無意味

ネットの転職情報の記事の中には「デバッガーなどのアルバイトで入社して、上司に仕事を認められて入社する方法もある」と書かれていますが、99.9%ありえません。

アルバイトは、アルバイト向けの仕事しか与えられず、デバッガーは、バグを見つける仕事なので、プランナーの経験は積めず、資質をアピールすることもできません。

大手ゲーム会社に入社するには、中小のゲーム会社で正社員(アルバイトでも可)のプランナーとして働いて経験を積み、実績を残すのが最短ルートです。

転職エージェント経由で転職した、僕の経験談

僕が30代で、3社目の7年勤務したモバイルゲームの会社を辞めて転職する際に、転職エージェントを利用しました。

職種:ディレクター・プロデューサー
年収:550万円

職種:プロデューサー
希望の年収:600万円

このようなキャリアと希望年収で転職活動した結果はというと・・・

応募:20社
 ↓
面接(一次):15社
 ↓
面接(二次):8社
 ↓
内定:5社 ※大手ゲーム会社:1社

大手ゲーム会社だけでなく、社員20名規模の小さい会社にも応募していますが、結果は20社に応募して5社に内定、そのうち大手ゲーム会社の内定は1社でした。

大手ゲーム会社のオファー条件

職種:プランナー
年収:550万円
雇用:契約社員

サワト社長
サワト社長

僕の場合、年収とキャリアをアップすることを重視していたので、大手ゲーム会社のオファーはお断りをして、六本木ヒルズにオフィスを構える小さい会社に転職しました。

僕の転職活動の体験を詳しくまとめた記事「ゲーム会社社長が起業1年前に転職活動した体験談【プランナー必見】」がありますので、興味があればご覧ください。

転職エージェントを利用しよう!

転職エージェントを利用するメリット
  • 最新の求人情報がある
  • キャリアプランに沿った求人情報を紹介してくれる
  • 職務経歴書の添削・面接対策をしてくれる
  • 売り込みアピールをしてくれる
  • 不採用理由を教えてもらえる
  • 面接の日程調整をしてくれる
  • 年収などの待遇を交渉してくれる
  • 残業時間・労働条件の確認をしてくれる
  • 費用は全て無料

転職エージェントは登録後、エージェントと面談をして要望を伝えれば、あとはメールで案件を紹介されて、興味を持った会社に応募するだけです。

どの転職エージェント会社も登録は5分程度で終わり、完全無料で利用できるのでこの機会に行動してみましょう。

サワト社長
サワト社長

転職エージェントの担当者の能力・自分との相性を見極めることが転職で成功する秘訣なので、2~3社に同時登録するのが賢い転職方法です。

複数登録する「掛け持ち」について気になる人は、関連記事:転職エージェントは掛け持ちしていいの?【転職で成功するなら必須】をあわせてご覧ください。

ファミキャリ!

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.famitsu.com/career/

ファミキャリ!はゲーム誌「ファミ通」とクリーク・アンド・リバー社が運営している、 ゲーム業界に特化した転職サイトです。

ゲーム業界に精通した専門エージェントが転職をサポートします。

ファミキャリ!の特徴

ゲーム雑誌として知名度のある「ファミ通」の求人サイトということもあり、 大小問わず様々なゲーム会社の求人があります。

サワト社長
サワト社長

転職エージェント会社によっては、ゲーム業界に詳しくない担当者がいます。
ファミキャリ!はゲーム業界に特化した会社なので、同じゲームプランナーの仕事でも、「コンシューマー系の仕様書を作りたい」「ソーシャルゲーム系のイベント運用したい」など、やりたい仕事内容の話などがしやすいです。

マイナビクリエイター

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://mynavi-creator.jp/

『マイナビクリエイター』はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。

マイナビクリエイターの特徴

・専門性 :Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーだからこそ伝えられるポートフォリオの作り方
・マッチング力: Web職・ゲーム業界の求人紹介は量より質!あなただからこそ合う求人を厳選紹介
・満足度:納得いくまで寄り添う専任キャリアアドバイザーの対応力
・業界トップクラスの保有求人数: 求人の選択肢が広いからこそ実現できる異業種への転職

マイナビクリエイター

CREATIVE VILLAGE

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.creativevillage.ne.jp/lp/for_woman/

ゲームだけでなく、WEB、映像、広告出版などのクリエイター系の転職エージェントです。
最近では、女性クリエイターの転職支援に力を入れています。

CREATIVE VILLAGEの特徴

・クリエイター・エージェンシーのパイオニアとして、クライアントからの信頼も厚く、 求人数が多い
・クリエイター専門エージェントなので、異業種のクリエイターの仕事の提案が得意
・「今すぐの転職は考えていない」「スキルはあるが業界未経験」という人もサポートしてくれる

コメント

タイトルとURLをコピーしました