ゲーム会社を辞めたいと悩んでいる人は必見【ゲーム会社社長が執筆】

ゲーム会社を辞めたいと悩んでいる人は必見【ゲーム会社社長が執筆】 会社を辞める

ゲーム会社を辞めようか悩むな~
・辞めるのは「逃げ」になるのかな?
・3年間働かないと転職に不利になるの?
・他の人はどう考えているんだろう?

サワト社長
サワト社長

こんにちは!
この記事を書いている僕は、ゲーム業界歴20年でゲーム会社の社長をしています。
経歴:プランナー→ディレクター→プロデューサー→社長(起業)

僕は企画職出身で4回の転職経験があり、応募側と採用側の両方を経験しています。

「仕事をしてもつまらないから会社を辞めような~」

「でも、辞めるのは逃げるみたいでよくないよな?」

「1年くらいで退職すると転職に不利になるかな?」

会社を辞めたいけど、いろいろと悩むことがあると思います。

結論を先に書くと「辞めたい理由を整理して、ゆずれないことと優先度を決めて、辞めるか続けるかを決断しましょう。」

ただし、仕事の激務やストレスで体調が悪いなら、迷わずに会社を辞めることをオススメします。
辞めたとしても、1年未満の退職を2回連続でなければ、転職に不利になることはありません。

記事の内容

会社を辞めるかどうかを考えるにあたり、辞めたい理由の一例や賢く辞める方法を紹介します。
この記事を読むと、自分で働く理由を考えて、論理的に決断できるようになります。

会社を辞めたい理由を整理する

会社を辞めたいと思ったら、「なぜ辞めたいのか?」を理由を紙に書き出してみましょう。
大きな理由から小さな理由まで、思う浮かぶ理由をできるだけたくさん書くことがポイントです。

辞めたい理由としては次のことが一般的です。

残業・休日出勤が多い

ゲーム開発はスケジュールの計画に沿って進めていくので、マスターアップやリリース日に近づくにつれ、遅れを取り戻すために仕事が忙しくなります。

「雇用契約」も労働裁量制の場合、残業代が出ないこともめずらしくありません。

サワト社長
サワト社長

僕の社長としてではなく、ゲーム開発者としての意見では、面白いゲームを開発してユーザーに楽しんでもらうには、プライベートの時間を削ってゲームに魂を込めることは絶対に経験だと思っています。

ただし、それは自主的にやる場合のみで、自分が好きでやるからこそ経験値として貯めることができます。

スケジュール管理のヘタなディレクターや同僚の同調圧力で強制されたり、面白くするためではなく、ただ完成させるための場合、時間と労働力を奪われるだけなので得られる経験値は少なくなります。

サワト社長
サワト社長

「ワークライフ・バランス」と言われる、仕事とプライベートの時間配分で、プライベートを大切にしたい人は辞めて、自分の働きに合った会社に転職しましょう。

給料が少ない

プランナーはゲームの職種では、デザイナーと同じくらい給料水準は低いです。
ディレクターはプランナーよりは給料は高いけど、そこまで大きな差はありません。

また、残業をしても、残業代がもらえる会社は少ないので、どんなに働いても給料は増えません。

しかし、そもそもの話になりますが、儲かっていない会社は社員の平均給料は低いです。

そのため、あなたがどんなにがんばって面白いゲームを作っても、会社が儲からないと給料が上がる余地は小さいのです。

サワト社長
サワト社長

給料を増やすには、給料の高い会社で働くのが近道です。

自分に対する評価が低い

評価されるには、あなた自身が勉強と経験でスキルを身につけ、実績を残すことが必須です。

しかし、評価する側にも能力がないと正しい評価はできません。

そのため、上司や社長に評価する能力がなければ、ゲーム開発者としてスキルと実績を残しても評価される可能性は低いです。

サワト社長
サワト社長

ちなみに、正しい評価ができない会社は、優秀な人がすぐに辞めるので、チームで仕事をするゲーム開発で実績を残すことはほぼ無理です。

人間関係が悪い

  • 社長のパワハラがひどく、会議で怒鳴りつけられる
  • 上司がミスを自分に押し付けてくる
  • 同僚が陰で悪口を言って、足を引っ張る
  • 後輩が言うこと聞かずになめられている

会社で働く以上、人間関係は絶対にさけることはできません。
しかも、自分だけの問題ではなく、相手次第のことなので、どうにもならないことが多いです。

サワト社長
サワト社長

人間関係の相性は「運」だと割り切り、今の人間関係を無理に改善しようとせず、別の環境で再出発することも有効です。

ブラック会社だから辞められない場合

ブラック会社を辞められずに苦しんでいる人は「労働基準法の知識」がないことが多いです。

下記の記事を読んで知識を身につければ、簡単に辞めることができるので、辞められずに困っている人は参考にしてください。

関連記事:誰でもブラック会社を脱出できる方法【ゲーム会社を辞めたい人必見】
関連記事:ブラック企業を辞めたくても辞めさせてもらえないQ&A【9問】

仕事がつまらない

  • データ作りの仕事ばかりやらされる
  • 自分のアイデアを聞いてもらえない
  • 「面白い」より「売れる」を優先する

「その会社で働くことがつまらない」のか「ゲーム開発の仕事そのものがつまらない」のか、つまらない原因が何なのかをしっかりと見極めましょう。

サワト社長
サワト社長

ゲーム開発がつまらないのであれば、できるだけ早く他の業界へ転職した方が良いです。

将来性が見えない

今現在、衰退している業界でなければ、ゲーム業界に限らず、10年以上先がどうなっているかはわかりません。

重要なのは、あなたが他の会社や業界に転職しても通用するスキルを身につけて成長することです。

あまり知られていませんが、成長するには自分自身で勉強することは必須として、「会社側が少しだけ難易度の高い仕事をまかせて、失敗する経験を与えてくれる」ことも実は重要です。

サワト社長
サワト社長

社員を育てる意識や失敗しても耐えられる資金力のない会社で働いていると、そんなチャンスはめぐってこないので成長には時間がかかります。

「ゆずれないこと」と「優先度」を決める

辞めたい理由を紙に書き出したら、自分が働く上で「ゆずれないこと」に印をつけてください。(何個でも)

これを解消できるかどうかで、会社を辞めるかどうかを決めましょう。

次に、他の辞めたい理由には「高」「中」「小」の3段階で優先度をつけてください。

会社を辞めたい理由を全て解消するのは難しいので、「高」を解消できたら「小」は妥協して我慢するのもありです。

「ゆずれないこと」と「優先度」を見て、「どこまで解消できないなら辞める」の基準を作ります。

サワト社長
サワト社長

この基準は、転職する際の会社選びでも大きく役立ちます。

辞める理由を解消できるか検討する

辞める理由の解消には、自分の意識と行動を変えることが可能です。

ただし、自分一人の力で解消するのは無理だと思うので、上司、社長、同僚などに相談するなど、相手にも変わってもらう必要があるので簡単ではありません。

今の会社で働きたい気持ちが強いのなら、自分と周りを変える努力をしましょう。

サワト社長
サワト社長

周りを変える場合、今まで経験していない労力とストレスがあるので、「そこまではしたくない」と思うのであれば、ムダなことはしないで辞める方向で良いと思います。

例として、給料アップの場合、辞める覚悟があることを伝えれば、給料が少し上がることはありますが、会社側からは「お金のために働く人」と思われるので、信頼して仕事をまかされにくいデメリットはあります。

サワト社長
サワト社長

黙っていて給料が上がることはまずないので、給料の問題は辞めて転職するしか解消できないと思います。

賢く辞める方法

辞めたい理由を解消できないのであれば、辞める準備を進めましょう。

「ただ辞める」のは誰でもできるので、「賢く辞める方法」をアドバイスします。

それは次の2つだけです。

  • 辞めることを誰にも言わない
  • 辞める前に転職先の会社から内定をもらう

辞めることを誰にも言わない

社内で一緒にランチに行く人であっても、辞める意思があることを相談してはいけません。

有益なアドバイスができないのはもちろん、上司や社長へ告げ口されるなど損しかありません。

会社は辞める人に対して、誰にでもできるようなつまらない仕事しか振らず、ボーナスを多めに出すこともありません。

サワト社長
サワト社長

辞めることを会社や上司に正式に伝えるまでは、しれっと仕事を続けましょう。

辞める前に転職先の会社から内定をもらう

辞めてから転職活動をすると、会社が半年近く決まらなかったり、条件の悪い会社で働くなどのリスクがあります。

辞めたい理由を解消できないから退職したのに、似たような会社に転職したら意味がありません。

辞める前に転職先を決める方法は、知り合いの会社を紹介してもらったり、気になる会社のホームページから応募したり、転職サイトで会社を探す方法があります。

僕が今までの経験からオススメする方法は「転職エージェントを使う」です。

転職になれていない人が条件の良い会社に入るには、「条件の合いそうな会社に手当り次第応募する」ことです。

転職活動は、スキルなどの実力と同じくらい「縁(えん)」も重要で、縁は確率みたいなところがあるので応募する会社数を増やすのが攻略方法です。

サワト社長
サワト社長

僕の場合、20社に応募したので一時期は徹夜並みに大変でしたが、面接の日程調整をしてもらったり、普通は教えてもらえない不採用理由も聞けたり、給料の交渉をしてもらったり、いろいろとサポートしてもらえて助かりました。

僕の転職経験は関連記事「ゲーム会社社長が起業1年前に転職活動した体験談」でまとめているので、興味がある人はあわせて読んでみてください。

サワト社長
サワト社長

「辞めた後はしばらく休養したい」と思っている人も、転職エージェントを使うと、勤務開始日の交渉をしてくれるので、転職するまでの1ヶ月間など休暇期間を作れます。

転職エージェントのメリットは他にもあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 最新の求人情報がある
  • キャリアプランに沿った求人情報を紹介してくれる
  • 職務経歴書の添削・面接対策をしてくれる
  • 売り込みアピールをしてくれる
  • 不採用理由を教えてもらえる
  • 面接の日程調整をしてくれる
  • 年収などの待遇を交渉してくれる
  • 残業時間・労働条件の確認をしてくれる
  • 費用は全て無料

転職エージェントは登録後、エージェントと面談をして要望を伝えれば、あとはメールで案件を紹介されて、興味を持った会社に応募するだけです。

どの転職エージェント会社も登録は5分程度で終わり、完全無料で利用できるのでこの機会に行動してみましょう。

サワト社長
サワト社長

転職エージェントの担当者の能力・自分との相性を見極めることが転職で成功する秘訣なので、2~3社に同時登録するのが賢い転職方法です。

複数登録する「掛け持ち」について気になる人は、関連記事:転職エージェントは掛け持ちしていいの?【転職で成功するなら必須】をあわせてご覧ください。

オススメする転職エージェント会社

マイナビクリエイター

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://mynavi-creator.jp/

『マイナビクリエイター』はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。

マイナビクリエイターの特徴

・専門性 :Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーだからこそ伝えられるポートフォリオの作り方
・マッチング力: Web職・ゲーム業界の求人紹介は量より質!あなただからこそ合う求人を厳選紹介
・満足度:納得いくまで寄り添う専任キャリアアドバイザーの対応力
・業界トップクラスの保有求人数: 求人の選択肢が広いからこそ実現できる異業種への転職

マイナビクリエイター

ファミキャリ!

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.famitsu.com/career/

ファミキャリ!はゲーム誌「ファミ通」とクリーク・アンド・リバー社が運営している、 ゲーム業界に特化した転職サイトです。

ゲーム業界に精通した専門エージェントが転職をサポートします。

ファミキャリ!の特徴

ゲーム雑誌として知名度のある「ファミ通」の求人サイトということもあり、 大小問わず様々なゲーム会社の求人があります。

サワト社長
サワト社長

転職エージェント会社によっては、ゲーム業界に詳しくない担当者がいます。
ファミキャリ!はゲーム業界に特化した会社なので、同じゲームプランナーの仕事でも、「コンシューマー系の仕様書を作りたい」「ソーシャルゲーム系のイベント運用したい」など、やりたい仕事内容の話などがしやすいです。

CREATIVE VILLAGE

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.creativevillage.ne.jp/lp/for_woman/

ゲームだけでなく、WEB、映像、広告出版などのクリエイター系の転職エージェントです。
最近では、女性クリエイターの転職支援に力を入れています。

CREATIVE VILLAGEの特徴

・クリエイター・エージェンシーのパイオニアとして、クライアントからの信頼も厚く、 求人数が多い
・クリエイター専門エージェントなので、異業種のクリエイターの仕事の提案が得意
・「今すぐの転職は考えていない」「スキルはあるが業界未経験」という人もサポートしてくれる

コメント

タイトルとURLをコピーしました