誰でもブラック会社を脱出できる方法【ゲーム会社を辞めたい人必見】

誰でもブラック会社を脱出できる方法【ゲーム会社を辞めたい人必見】 会社を辞める
サワト社長
サワト社長

こんにちは!
この記事を書いている僕は、ゲーム業界歴20年でゲーム会社の社長をしています。
経歴:プランナー→ディレクター→プロデューサー→社長(起業)

僕は企画職出身で4回の転職経験があり、応募側と採用側の両方を経験しています。

ブラックなゲーム会社の仕事がキツくて辞めたいと考えている人
・辞める手続きはどうすればいいの?
・会社に辞めたいと言ったけど、辞めさせてもらえなくてどうしよう?
・辞めたら他の同僚に迷惑をかけるから辞められない
・辞めたら会社や上司から嫌がらせされそうで怖い・・・

記事の内容

退職の経験がない人の場合、ブラック会社は一般的な会社のように簡単には辞めることができません。
退職までの流れとブラック会社を辞める際の注意点と対策をまとめています。

この記事を読むと、退職に関する法律知識とブラック会社の脅しや説得工作の対策がわかります。
そして、ストレスをできるだけ軽減しながら、損をしないでブラック会社を退職をすることができます。

ゲーム業界のブラック会社を辞めたい

もしあなたが、仕事の激務とストレスで身体とメンタルがボロボロで毎日がツライのであれば、すぐに退職の手続きを進めてください。

ブラックな労働環境で働き続けても、得られるものは何一つありませんので、前向きに退職を考えましょう。

それでは、ブラック会社の退職方法と想定されるトラブル対策を解説していきます。

ブラック会社に常識は通用しない

「え? そんな会社が相手なら、どうにもならないのでは?」と不安に感じたかもしれませんが、ブラック会社の正体を知れば、対策は立てられるので安心してください。

ブラック会社の常識とは?

ここで言う常識とは「労働基準法という法律を守る常識」のことです。

ブラック会社に常識が通用しない理由には2パターンあります。

①社長(オーナー)
法律をある程度知っているが、社員は知らないのをいいことに法令違反を承知で強引に押し通します。

②上司(サラリーマン)
法律を知らないので知識が薄く、法令違反の罪悪感がありません。

どちらにも共通するのが「労働基準法を知らない人がいるので起きる」ということです。

ブラック会社は無知な人には強いが、知識と覚悟を持った人には弱い

これがブラック会社の正体です。

ブラック会社は、労働基準法の知識を持ち、辞める決心が揺るぎない人が相手だと、直接的な暴力や脅すと警察・裁判沙汰になるのでに強気に出れないのです。

用語解説
無知な人:労働基準法を知らない人
知識  :労働基準法の退職に関して
覚悟  :説得や脅しがあっても辞める決心

退職までの流れ

①就業規則と有給休暇の残りを確認する
 ▼
②退職希望日を記載した退職願を作成する
 ▼
③上司に退職を申し出て、退職願を手渡す
 ▼
④退職の承認を得たら、退職日を決める
 ▼
⑤退職日が確定したら、退職届を提出する
 ▼
⑥退職

①就業規則と有給休暇の残りを確認

就業規則

就業規則に会社が定めた労働条件などが書かれています。

※従業員数10人以上の会社では就業規則を作成する義務がありますが、10人未満の会社では存在しない場合もあります。

退職に関する項目

「退職希望日の●日前までに、退職願を提出すること」というようなことが記載されています。

法律上では14日前ですが、一般的には1ヶ月前にしている会社が多いです。

有給休暇に関する項目

有給休暇は正社員として勤務後、6ヶ月後に10日分、1年6ヶ月後に11日分、2年6ヶ月後に12日分というように、毎年もらえます。

有給休暇の残り日数

総務・人事担当の人に聞くか、自分で計算します。

有給休暇はもらった日から2年以内に使わないとで消えてしまうので注意してください。

※この時点では、正確な日数がわからなくても、だいたいの日数でも構いません。

②退職希望日を記載した退職願を作成

退職願は、会社に退職を願い出るための書類です。

就業規則に「退職願」に関して書かれていない場合は口頭でも問題ありませんが、上司に面と向かって言いづらい場合は作成しましょう。

※退職願の書き方とテンプレートは、関連記事:退職願・退職届の書き方【テンプレートの無料ダウンロード】をご覧ください。

退職理由

退職願に書く退職理由は「一身上の都合により」で構いませんが、退職理由を聞かれると思いますので、何かしら適当に用意ておきましょう。

「退職理由によっては辞めさせない」という社内ルールがあっても法律違反なので本心を伝えても問題はありませんが、自分が話をしやすい適当な理由を作っておきましょう。

退職理由の一例

・体調不良、病気の治療のため
・親の介護、家業を手伝うなど家庭の事情
・現在の開発とは違う仕事をしたい(ソーシャルゲーム系からコンシューマー系など)
・違う業界に転職したい(出版会社、飲食店など)

会社や人間関係の不満や批判は、伝えてもプラスになることはないので、本心は隠すのが無難です。

③上司に退職を申し出て、退職願を手渡す

直属の上司に退職したい意思を明確に伝えて、退職願を手渡します。

しかし、ブラック会社の場合はスムーズに退職できることはなく、脅しや同情を誘う説得で引き留めをしてくる可能性が高いので、下記のような対策を準備する必要があります。

  • 6ヶ月前に言わないとダメ
  • 人手不足(繁忙期)なので認めない
  • 引き継ぐ人を探してこないと辞められない
  • 自分が辞めたら同僚に迷惑がかかる
  • 開発が遅れたら賠償金を請求される
  • ゲーム業界で働けなくすると言われる
  • クビにされるので転職が不利になる

基本的には法律にのっとり、ブラック会社の脅しは突っぱねて、法律違反の要求は無視します。

法律では14日前に退職を伝えれば会社は退職を拒絶できず、賠償金を求めることもできません。

また、ブラック会社を正当な理由なくクビにされても転職に影響することはなく、ゲーム会社は下請けの制作会社を含めると無数にあるので、一流ゲーム会社の社長であっても、業界から干すことは不可能です。

重要なことは「辞める」とキッパリと言い切ることです。

(検討や保留していると勘違いされる曖昧な返答はNGです)

もしブラック会社に脅されたら、話し合いを避けて逃げよう

労働基準法は雇われている人を守る法律なので、裁判で争って負けることはまずありません。

しかし、ブラック会社の社長が法令違反を承知で脅してきた場合、話し合いで解決することは不可能なので、正面から争って消耗するのを避けて、まずは逃げましょう。

精神的な余裕がなく、準備の手間をかけるよりは、お金で解決したい場合、退職代行を利用するのもひとつの手です。
退職代行会社の費用は29,800円です。

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

サワト社長
サワト社長

でも、この記事を読めば、退職の法律知識が身につき、自分で退職できるようになると思いますよ。

④退職の承認を得たら、退職日を決める

退職日決定に必要な項目

①現在の残り作業
②引き継ぎ作業
③有給休暇の消化

ブラック会社に退職を承認してもらったら、作業日数と有給休暇の残り日数によって、何日付けで会社を辞めるかを決めます。

しかし、ブラック会社は、現在担当している仕事をできるだけ続けさせて、有給休暇はできるだけ取らせないようにするので注意が必要です。

①現在の残り作業

数日から1週間程度のキリのいいところまで協力するのが無難です。

しかし、パワハラなどの脅しがひどい場合、明日から出社しない手段もあります。

②引き継ぎ作業

自分ひとりで管理しているアカウント情報、取引先リスト、重要資料の場所など、退職後でも会社が使う情報の伝達は義務なので、テキストにまとめておきましょう。

自分が担当している作業方法の引き継ぎを求められた場合、直接教えるか簡単なマニュアルを作成します。
ただし、全力で取り組む必要はなく、80%の力で気楽に取り組むのがオススメです。

③有給休暇の消化

このタイミングでは有給休暇の残り日数は会社側に確認して、正確な日数を把握します。

有給休暇は労働者の権利ですので、遠慮しないで全て消化して給料をもらいましょう。

ブラック会社の騙す手口と対策

ブラック会社は有給休暇の給料を払いたくない、上司は自分が有給休暇を使っていない妬みで、有給休暇を使わせない、日数を減らすなどの違法行為をやってきます。

騙す手口と対策を解説します。

「退職日までに消化できない有給休暇は消える」

模範回答:「有給休暇を全て消化しきった日を退職日にしてください。」

「有給休暇は法律で買取できない決まり」

模範回答①:「有給休暇を全て消化しきった日を退職日にしてください。」
模範回答②:「双方が買取に合意した場合は認められています。」

「有給休暇を使わなかったから消えた」

模範回答:(2年以内の有給休暇が残っている場合)「有給休暇の時効は2年です。」

サワト社長
サワト社長

有給休暇の消化をさせてくれるかどうかで、現在の残り作業、引き継ぎ作業をどの程度協力するかを決めると良いです。

⑤退職日が確定したら、退職届を提出する

有給休暇の消化と引き継ぎなどを考慮した退職日が決まったら、その日付を書いた退職届を提出して、ひとまず完了です。

あとは最終出社日まで、残り作業と引き継ぎ作業をします。

すぐに転職せず、失業保険をもらう可能性がある場合、離職票の発行を申し出ましょう。

※退職届の書き方とテンプレートは、関連記事:退職願・退職届の書き方【テンプレートの無料ダウンロード】をご覧ください。

⑥退職

最終出社日には、返却と受け取り、あいさつ回りがあります。

返却するもの一覧

・健康保険証
・社員証
・鍵(カードキー)
・名刺
・制服
・会社の経費で買ったもの
・その他、支給されたもの

受け取るもの一覧

・雇用保険被保険者証
・年金手帳(会社に預けている場合)
・離職票 ※退職日から12日前後
・源泉徴収票 ※退職日から12日前後

あいさつ回り

上司、同じ部署、お世話にになった人には午後に直接あいさつするのが無難なマナーです。
しかし、面と向かっての話したくない人はメールで済ますのもありです。

また、会社によっては、全員で食べられるお菓子を配る習慣がありますが、それに従う必要もないので、どちらでも良いと思います。

サワト社長
サワト社長

お菓子程度で自分への印象が変わるわけはなく、お金がもったいないので僕なら買いません。

退職後のブラック会社の嫌がら対策

退職までの行動を逆恨みされて、嫌がらせされた場合、面倒ですが冷静に対応しましょう。

陰口を言われている

気にしても仕方ありません。
転職してキャリアアップをしていくと、ブラック会社の元同僚と会うことは99%ないので、どうでもよかったりします。

離職票を送ってこない(失業保険を受給する場合)

退職日から12日経過しても郵便で送ってこない場合、ハローワークに相談して「仮手続き」を進めると、失業保険を少し早く受給できます。

退職後、3ヶ月以内の転職が決まっている場合は、もともと失業保険はもらえないので離職票は不要です。

給料が振り込まれない

電話で連絡して催促しますが、話したくない場合は内容証明郵便を送ります。

内容証明郵便の書き方はネットで調べれば、1500円程度で送ることができます。

内容証明郵便を送っても無視された場合、労働基準監督署に相談(申告)しましょう。

損害賠償で訴えると言われた

裁判で負けることはない(訴えを却下される)ので、ただの脅しです。無視しましょう。

万が一、裁判所から訴状が届いた場合は労働基準監督署に相談しましょう。
裁判で争って負けることはありませんが、裁判を欠席すると不利になる場合があります。

サワト社長
サワト社長

会社や上司と関わりたくない場合、電話帳から消さずにブラックリストに登録しておきましょう。

万が一、重要な連絡事項がある場合でも郵便や知り合い経由で連絡してくるので困ることはありません。

【心の余裕があれば】退職を決める前に転職先を決めよう

ブラック会社を辞めるまでの流れと方法を解説してきましたが、辞めてから転職活動をするのではなく、辞める前に転職先の会社を内定をもらう方が良い理由2点を解説します。

①生活費の確保

退職した月、有給休暇の消化分の給料で生活費は確保できますが、自己都合で退職した場合の失業保険は、退職日から3ヶ月以降でないともらえません。

また、無職になると、今まで会社が負担してくれていた社会保険(健康保険・年金)を自分で払うので負担も増えます。

失業保険を受給するまでの空白期間、もしくは失業保険の受給期間中に転職を決める必要に迫られるので、転職先会社の条件を妥協してしまう可能性があります。

②キャリアアップ

20代で退職後の空白期間が1年程度であれば、転職に不利になることはありません。

しかし、20代の貴重な時間を正社員としての職歴と経験を積まずに、無職やアルバイトで消費するのは転職時に評価されないのでもったいないです。

働きながら転職活動するコツ

ブラック会社で働く場合、定時で帰るにはハートの強さがないと不可能です。

しかし、一生懸命働いても見返りや自己成長できる余地は少ないので、近いうちに辞める決心がついたら、気楽に手を抜いて働いてみましょう。

時間と余力が生まれるので、働きながら転職活動することができ、より条件の良い会社の内定をもらってから、会社を辞めることができます。

僕の話を少しだけさせてもらうと、転職する1~2年前からビジネススキルや経営の勉強をしてスキルアップを目指しつつ、平日は終電近くまで働いていました。

会社はブラックというわけではなく、ホワイトとの中間のグレーでした。

しかし、周りはゲーム業界の古い体質の人達ばかりで、「売れるかは関係ないけど、スケジュールを伸ばしてでも納得するゲームを作ろう」という考えで、サービス残業で終電近くまで開発しているにも関わらず、業績は下がり続けても危機感ゼロでした。

ある日、「働きながら転職活動をする余裕をかまして、こんな会社を脱出してやる」と決意して、すぐに転職エージェントに登録をして、転職活動をスタートさせていました。

ちょっと話が長くなりましたが、ポイントは「会社は辞めずに、今まで通り働きながら、仕事終わりや土日に転職活動をしてやった」ことです。
勤務時間外は何をやっても会社に文句を言われる筋合いはありませんが・・・

転職活動は分刻みの時間管理で、仕事終わりに2社の面接を連続で受けてみたりと、ゲーム開発とは違う忙しさで、脳はすごく疲れるけど不思議と充実感はありました。

転職活動が不慣れで、忙しくて時間があまりなかった状況でも僕が転職できた理由は、転職エージェント会社に登録して手伝ってもらったことが大きいです。

転職エージェントは登録後、エージェントと面談をして要望を伝えれば、あとはメールで案件を紹介されて、興味を持った会社に応募するだけです。

どの転職エージェント会社も登録は5分程度で終わり、完全無料で利用できるのでこの機会に行動してみましょう。

ゲーム業界に強い転職エージェント

ファミキャリ!

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.famitsu.com/career/

ファミキャリ!はゲーム誌「ファミ通」とクリーク・アンド・リバー社が運営している、 ゲーム業界に特化した転職サイトです。

ゲーム業界に精通した専門エージェントが転職をサポートします。

ファミキャリ!の特徴

ゲーム雑誌として知名度のある「ファミ通」の求人サイトということもあり、 大小問わず様々なゲーム会社の求人があります。

サワト社長
サワト社長

転職エージェント会社によっては、ゲーム業界に詳しくない担当者がいます。
ファミキャリ!はゲーム業界に特化した会社なので、同じゲームプランナーの仕事でも、「コンシューマー系の仕様書を作りたい」「ソーシャルゲーム系のイベント運用したい」など、やりたい仕事内容の話などがしやすいです。

IT業界に強い転職エージェント

マイナビクリエイター

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://mynavi-creator.jp/

『マイナビクリエイター』はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスです。

マイナビクリエイターの特徴

・専門性 :Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーだからこそ伝えられるポートフォリオの作り方
・マッチング力: Web職・ゲーム業界の求人紹介は量より質!あなただからこそ合う求人を厳選紹介
・満足度:納得いくまで寄り添う専任キャリアアドバイザーの対応力
・業界トップクラスの保有求人数: 求人の選択肢が広いからこそ実現できる異業種への転職

マイナビクリエイター

女性クリエイターに強い転職エージェント

CREATIVE VILLAGE

おすすめ度:★★★★★

【公式サイト】https://www.creativevillage.ne.jp/lp/for_woman/

ゲームだけでなく、WEB、映像、広告出版などのクリエイター系の転職エージェントです。
最近では、女性クリエイターの転職支援に力を入れています。

CREATIVE VILLAGEの特徴

・クリエイター・エージェンシーのパイオニアとして、クライアントからの信頼も厚く、 求人数が多い
・クリエイター専門エージェントなので、異業種のクリエイターの仕事の提案が得意
・「今すぐの転職は考えていない」「スキルはあるが業界未経験」という人もサポートしてくれる

コメント

タイトルとURLをコピーしました